小宮孝泰の初めての本は、亡き妻との思い出を綴る

2018年夏9月に出版。タイトルは「猫女房」に決定!
予約受付サイト下記の通りです!



「猫女房」予約フォームは下記です。

予約は、この文字をクリックしてください。




まずは、宣伝用ハガキをご覧ください

komiyacoupleA


上記の写真は、小笠原邸という素敵な洋館のレストランの食事会に2人で誘われた時のものである。
ちなみに、私の着ている赤いボタン付きのセーターは妻の手編みである。


佳江は「またね」という言葉を嫌がった。
「またね、はないんだよ」とよく言っていた。
確かに、「またね」と言ったお手軽な約束が実現することは少ない。
だから、「今できることや、してあげられることは、今、実行したほうがいいんだ」と、 繰り返し繰り返し、私に言っていた。
なのに私は「またね」や「今度ね、次にね」ばかり言って、 何度も、佳江を悲しい気持ちにさせてしまったことか。
できない約束はしないに限るのだ。????「おひとりさまの季節」より




我が家の2匹目の猫の”ライ”の若き頃。
佳江の脚の上で大満足のようだ。
手つきというか、前足つきというか、その出し方が面白い。









ウルトラマンガイアーシーガル飛び立つー



  [トップ][プロフィール][近況報告][舞台歴][海は友達][掲示板]
[こんなもの描きました][こんなもの書きました]